古紙回収

新聞

newspaper

雑誌

magazine

ダンボール

cardboard

難処理古紙

difficult

その他

 other

使用済みの紙である古紙には新聞、雑誌、段ボールなどがあり、私たちの周りにある多くの紙製品が古紙になっていきます。この古紙は家庭から出るゴミの約7割を占めると言われています。そのため古紙のリサイクルは数あるリサイクルの中でも、中心的で重要な存在だと言えます。

古紙にはいくつかの種類がありますが、細分化すると9種類に分けられています。量的に多いのは、新聞紙、雑誌、段ボールで、これらを三大古紙といい、この3品種で古紙全体の約80%を占めています。そして再生して作られる紙の種類によって使われる古紙の種類が異なります。そのために新聞、雑誌、段ボール、その他の紙というように種類ごとに古紙をまとめ、分別回収することが紙のリサイクルの重要な第一歩になります。

さらに弊社は、従来ではリサイクル不可能であったポリやラミネート処理させている紙、赤、黒など色味の濃い紙、磁気記録紙、感熱紙、感圧紙(ノンカーボン紙)などの難処理古紙の回収も行っております。詳しくは電話、またはこちらまでお問い合わせください。

回収までの流れ

お客様のニーズに応じて対応いたします。法人様などの事業所、営業所はもちろん店舗、自治体、町内会、学校などもお取り引きしております。さらに難離解古紙などの特殊な古紙も弊社では承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

STEP 1. お問合せ

電話、ファックスまたはこちらの専用のフォームからご連絡下さい。回収場所、回収方法、時間など何でもお気軽にご相談下さい。

STEP 2. 打ち合わせ

営業担当がお伺いし、回収物の量や古紙の種類などの確認をさせて頂きます。また、定期的な回収や回数指定、日時指定などのご希望など柔軟に対応させて頂きます。

STEP 3. お見積もり・ご契約

打合せの内容を受け条件を確認後、お見積もり書を作成。ご要望があれば契約書もご用意いたします。

STEP 4. 回収

弊社の専用回収車輌が契約内容に沿って訪問、責任を持って確実に回収をいたします。

古紙回収・製紙原料仕入販売・機密書類処分処理・産業廃棄物収集運搬

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原395-2 TEL.0544-29-6699 FAX.0544-29-6711 copyright© 2016  Fuji Macro.inc allrights reserved.